利用ガイド

不適性検査スカウターのご利用方法をご紹介します。

資質検査-価値観の傾向の解説

価値観の傾向でわかること

働くことに対する価値観を測定しています。 本人にとっての働くことの意義や価値の傾向を表しています。

資質検査-価値観の傾向チャート
  • 価値観の傾向では「公益志向」「成長志向」「金権志向」「享楽志向」「安定志向」の5項目を分析しています。
  • 価値観に「良い」「悪い」はありませんが、各価値観の数値の高低によって、社風や仕事の性質によって「合う」「合わない」が生じます。
  • 価値観の合う社風、職場、仕事では、無理なく気分よく働ける確率が高くなり、ヤリガイと意欲をもって働ける確率が高まります。
  • 価値観の合わない社風、職場、仕事では、ヤリガイや意欲を持続させることが難しくなります。このような場合、様々なモチベーション施策は効果を発揮しにくく、マネジメントが困難な状況に陥りやすくなります。また、仕事への不満の鬱積、早期離職等の原因にもなります。
  • 管理職(マネジャー)が部下のマネジメントを行う上で、近い価値観を持つタイプの方がマネジメントしやすいといえます。
  • 数値の平均は50ポイントとなっています。

公益志向とは

人の役に立つことに働く価値を感じる度合い

成長志向とは

自己の能力向上に働く価値を感じる度合い

金権志向とは

お金を稼ぐことに働く価値を感じる度合い

享楽志向とは

娯楽的な面白さに働く価値を感じる度合い

安定志向とは

生活・収入の安定に働く価値を感じる度合い

関連項目へのリンク

資質検査の各項目の詳細は以下のリンク先ページでご確認ください。

その他の検査の解説および虚偽回答の傾向については、以下のリンク先ページでご確認ください。

今すぐにお試しになりたい方はこちら

おかげさまで導入社数 9,500社 以上

人材採用で失敗したくない企業のため不適性検査スカウター®

実際の管理画面の操作と資質検査、精神分析検査、定着検査を3,000円分まで無料お試し。
能力検査は人数無制限で無料でご利用可能。新卒採用、中途採用の両方に対応。