利用ガイド

不適性検査スカウターのご利用方法をご紹介します。

資質検査-ストレス耐性の解説

ストレス耐性でわかること

ここでのストレス耐性は、ストレス(内的・外的刺激)要因に対する内的感度、つまりメンタルタフネスを統計的に測定しています。

資質検査-ストレス耐性チャート
  • ストレス耐性は、脳内におけるドーパミンへの感度の強弱の違いにも見られるなど、先天要素の強い資質として判断され、後天的にトレーニング可能なストレス対処力(コーピング能力)とは異なります。
  • ストレスの感じ方には個人差があり、同じストレスでも、人によって受け方は違います。この個人差は、個々人のストレス耐性によって違いが生じます。
  • 例えば上司に怒られた時、数日間ひきずり、落ち込んでしまう人もいれば、真摯に受け止め反省する人もいます。
  • 同じストレッサーから同様の攻撃(刺激)を受けても、それを苦しく辛く受け取る人はストレス耐性が低く、はね返したり、乗越えられる人はストレス耐性が高いと判断できます。
  • 数値の平均は50ポイントとなっています。

ストレス耐性とストレス反応

ストレスにさらされた場合に、人によって異なったストレス反応を示すことがあります。

一方では、ストレスを受けることで、落ち込んだり、焦りを感じたり、集中力が持続できなかったり、怒りがおさまらないといった「精神的ストレス反応」が現れることがあります。 他方では、ストレスを受けることで、頭痛や胃痛がする、下痢になる、朝起きられない、疲れがまったく抜けない、食欲がわかないといった「身体的ストレス反応」が現れることがあります。

ストレスにさらされた場合、ストレス反応が精神面に現れるか、身体面に現れるか人によって異なりますが、多くの場合「精神面」「身体面」のどちらか弱い方に顕著に出る傾向にあります。 精神面または身体面のそれぞれにおいて、どの程度ストレスに耐久力や許容量があるか分けて測定したものが、それぞれ「精神的耐性」と「身体的耐性」となります。

精神的耐性について

身体的耐性について

関連項目へのリンク

資質検査の各項目の詳細は以下のリンク先ページでご確認ください。

その他の検査の解説および虚偽回答の傾向については、以下のリンク先ページでご確認ください。

今すぐにお試しになりたい方はこちら

おかげさまで導入社数 9,500社 以上

人材採用で失敗したくない企業のため不適性検査スカウター®

実際の管理画面の操作と資質検査、精神分析検査、定着検査を3,000円分まで無料お試し。
能力検査は人数無制限で無料でご利用可能。新卒採用、中途採用の両方に対応。