導入社数6,300社以上
不適性検査スカウター
おかげさまで導入社数 6,300社 以上

採用で失敗したくない企業のための不適性検査

定着しない、成長しない、頑張らない人材を見分ける
業界唯一の不適性検査。
業界最安
  • 初期費用 0円
  • 固定費  0円
  • 能力検査 無料
  • 性格検査 800円(税別)
  • 精神分析 500円(税別)
  • 定着検査 500円(税別)
※最初お試しクーポンプレゼント
アカウント作成時に3,000円分のクーポンをプレゼント。
3~5名分を無料でお試し受検できます。
総合適性検査では業界最安クラスの料金プランを実現。能力検査だけのご利用も可能です。新卒採用・中途採用の両方に対応。
アカウントを申込む(無料)

不適性検査とは

定着しない、成長しない、頑張らない人材に共通する不適性な傾向を予測。初期設定など面倒な作業は不要ですぐに使い始められます。受検直後に検査結果を専用の管理画面で確認でき、スピーディーな採否判断が可能。

3種類の受検方法に対応

WEBテスト(WEB受検)と紙の設問冊子受検の両方に対応。紙の設問冊子受検では、さらにマークシート回答方式と紙の回答用紙記入方式の2パターンに対応。

他社適性検査との違い

圧倒的な料金の安さ、不適性人材の見極め、検査結果の納品の早さ(受検後リアルタイムに結果処理)、受検手配の利便性(24時間365日対応)等、圧倒的な違いをお確かめください。

適性検査のコンセプト

定着しない、成長しない、頑張らない人材を見分ける業界唯一の不適性検査。
  • 入社してもすぐに辞めてしまう。
  • いつも不平不満ばかり言う。
  • 教育しても経験させても、ぜんぜん成長しない。
  • 社員がストレスに弱くて困っている。
  • まるでやる気を感じられない。
  • 頑張ってるんだが、まるで成果が出ない。

人材採用で失敗する理由。

理由ははっきりしています。採用した人材は「不適性」だったからです。あなたの職場の風土か人間関係か?それとも仕事内容か?あるいはそもそも能力不足か?何かの理由であなたの会社や仕事に不適性だったのです。 人には面接だけでは見極めきれない内面や特性が存在しています。人の内面や個性が仕事や会社とあまりにアンマッチだったときに、採用が失敗となってしまうのです。人材採用の面接や選考の過程で、問題となる内面や特性を事前に発見することが人材採用の失敗を減らす近道になるはずです。

ほんのわずかな費用で、人材採用の失敗は回避できるかもしれません。

あなたの会社のマネジャーや教育担当者が人材育成の達人で、どんな人材を採用してもちゃんと育てて戦力化することができるなら、不適性検査スカウターは必要ありません。

あなたの会社の仕事が、とにかく頭数さえそろっていれば誰だってかまわないという仕事なら、やはり不適性検査スカウターは必要ありません。 当社に入社して働いてもらうからには、「永く働いてほしい。」「やりがいをもって仕事をしてもらいたい。」「成長して欲しい。」「いい仕事をして欲しい。」、何より「当社の価値観や社風に共感して欲しい。」だけど「思うように人材が定着しない。」「成長しない、頑張ってくれない。」「採用する人材をどこかで間違っているんじゃないか?」「人材採用で、もう失敗したくない。」もしそうお考えなら不適性検査スカウターを是非ご活用ください。

現実的な問題として中小企業や零細企業の採用では、給料が特別良いわけではなく、知名度が高いわけでもありません。誰もが是非ともやりたいと思うような仕事を提示しているわけでありません。そもそも人材募集にお金をかけているわけでもありません。そんな不利な条件で優秀な人材が応募に来てくれるわけがありません。

当然ながら応募人数そのものが少なくて選べるような環境とは言えません。それでも人は採用しなければなりません。

しかも実際に人材募集をする時は、たった一人の求人枠だったりします。少ない応募者とたった一人の求人枠。優秀な人材を採用したいとか贅沢を言うつもりは無いけれど、失敗したくはない。いや失敗できない。もし働きぶりが悪かったら、その給料はあまりに負担が大きい。社風になじめないのも困る。職場の空気が悪くなるからだ。「うつ」になったりでもして休職されたら最悪だ。追加で誰かを雇うほどお金に余裕は無い。だけど無理に辞めさせたりするようなことはしたくない。とにかく失敗できない。だから採用は慎重にしたい。自分の見る目に自信がないわけではないけど、もう少し何か裏づけが欲しい。

不適性検査スカウターは、そんな経営者や人事担当者のお悩みを解決するためのWEB適性検査です。

業界唯一の不適性検査で、採用の失敗を強力に減らすお手伝いをします。仮に月給20万円の人材を採用して、もし人選を失敗したら社会保険も含めて半年で130万円以上のロスが発生します。でもスカウターを活用すれば、その採用の失敗を回避できたかもしれません。採用の失敗に比べれば、スカウターの利用料1名たったの800円のコストは、貴社にとってきっと取るに足らない費用のはずです。

不適性という事実の発見

私たちは、優秀な人材を見極めたいと思い適性検査を開発し研究してきました。優秀な人材、活躍する人材は、他の人材と何がどう違うのか?この検証を重ねれば重ねるほど、仕事の成果を出している人材のタイプは多様であることを思い知らされます。

実際に、人には向き不向きが少なからずあります。楽器は得意だけど、絵は下手とか。国語は得意だけど数学は苦手とか。運動はイケてるけど、勉強はからっきしとか。工作とか得意だけど、人と話すことが苦手とか。何の苦労も無く、楽しく取り組めたり、簡単にこなせたりする事もあれば、やる前から気が滅入ったり、何度やっても楽しくない事があったり。子ども時代を思い返してもらえば、多くの人が幼稚園や小学校の低学年頃から、結構はっきりと得て不得手を実感していたはずです。

同じように、人には「職業適性」があります。例えば、販売職で未経験の人材を採用しても、適性がとても合っていれば、入社して間もないうちからバンバン売上をあげる人がいます。しかし、適性がまったく合わないと販売職に就いてから何年も経つのに、一向に販売成績が向上しない人もいます。これはもう、向き不向きがあるとしか言えません。ゆえに仕事に数だけ向き不向きが存在していて、仕事毎に優秀な人材のタイプが存在していると言えます。

さらに、社風・組織風土や人間関係の影響等、おかれた環境で人材のパフォーマンスは大きく違ってきます。上司が辞めた途端に部下がメキメキ頭角をあらわしたり、あなたの会社で活躍できなかった人材が、他社に転職してイキイキと働き活躍することも少なくありません。もちろん、その逆もあります。他社で活躍していた人材が、あなたの会社に入社してきてイマイチ実力を発揮できず成果を出せないでいることもあるはずです。いずれにしても、単純に人材の優劣を決めることは出来ないという結論に至っています。

一方で、長年にわたり優秀な人材に共通する要素を探しているうちに、全く別のあることに気付きました。それは、業種・業界を問わず多くの会社において活躍していない人材には共通の傾向があるという事実です。これを私たちは「不適性」と呼ぶことにしました。

不適性な現象には大きく分けて2種類あり、一つは上述の仕事への不適性です。もう一つは労働への不適性です。仕事への不適性の場合は、少しくらい適性が合わないくらいなら、経験や努力によって乗り越えることも不可能ではありません。もちろん適性が合っているに越したことはありませんが、教育や研修によって仕事に習熟していくことは可能です。極論を言えばすべての人には可能性があり、将来の成果については未知数です。会社のマネジメント次第で、人材は人財になるのだと思います。

不適性という現実は、努力しない、学ばない、頑張らないといったことにつながります。教育や研修、経験といった人材育成の効果が限りなく皆無に等しく何とも出来ない人達が存在しています。ひょっとしたら、状況次第で頑張るようになったり成長したりするようになるのかもしれません。しかし、中小企業の限られたお金と時間では、そんなお金や時間の余裕はどこにもないのが現実ではないでしょうか。この不適性という事実の発見によって、金銭的、時間的、人的に余裕の無い中小企業の「人材採用で失敗たくない」という経営課題の解決に一歩近づけたと確信しています。

この不適性というミスマッチ採用を回避することができれば、人材の教育・育成は大いに価値と成果を期待できるようになります。本当に意味で、雇用者にも従業員にも良い雇用関係に近づけるのではないかと考えます。

製品概要

適性検査の測定領域や検査結果のアウトプット。

適性検査の内容

能力検査(学力検査)は制限時間30分、資質検査(性格検査)は平均回答時間15分、精神分析検査は平均回答時間10分。短時間で実施でき受検者に負担をかけ過ぎる心配はありません。限られた選考時間で効率よく適性検査を実施できます。やたらと長い時間をかける適性検査は、もう必要ありません。また、3種類のテストを自由に組み合わせて実施可能です。各検査を単独で実施することも可能です。
検査項目 検査内容 設問数 所要時間 受検方法 料金
資質検査
(性格検査)
心理行動分析 150問
(5択式)
平均回答時間
15~20分
・WEB受検
・紙の設問冊子受検
1名800円
(税別)
能力検査
(学力検査)
言語、計数、図形 30問
(5択式)
制限時間30分 無料
※能力検査のみの利用も可能
精神分析 心理分析 100問
(5択式)
平均回答時間
10~15分
1名500円
(税別)
定着検査 心理分析、
コンピテンシー
100問
(5択式)
平均回答時間
10~15分
1名500円
(税別)
PDF用のパーソナルシート(適性検査結果の詳細) プリンタ印刷用の検査結果レポート(適性検査結果の詳細)

スカウター資質検査は41の能力指標で人材の資質を見極め、採用の失敗を減らします

資質検査(性格検査)は、9カテゴリー41項目におよぶ多面評価尺度(検査項目)を備えています。臨床心理学と行動科学に基づき、面接だけでは見極めにくい潜在的な資質の特性や傾向を明らかにします。性格や価値観、職務適性といった一般的な適性検査の内容をカバーしつつ、パーソナリティのネガティブ要素も判定し、人材の資質を見極め、採用の失敗を強力に減らします。

検査結果レポート サンプル(PDF)をダウンロード

01

性格の傾向で適性やマネジメントポイントを発見

無意識の認知パターンから、性格の傾向を測定しています。とっさの反応や無意識の行動に現れやすい特徴です。活動生、社交性、慎重性、新奇性、固執性、主体性、独善性の7の観点から、人材の性格や個性(タイプ)を発見します。性格に善し悪しはありませんが、仕事へ向き不向きや、人間関係、仕事のさせ方を考える上での有効な指標になります。
02

意欲の傾向で人材の成長の可能性を発見

活動意欲の高さを測定しています。数値が高いほど、意欲的に仕事に取り組んだり、今後の能力開発の可能性が高い。向上欲求、挑戦欲求、自律欲求、探究欲求、啓発欲求、承認欲求、そして活動エネルギーの観点から、人材の今後の成長の可能性を発見します。
03

思考力の傾向でクリエイティブな適性を発見

思考や意志、感覚、感情に基づく能力を測定しています。数値が高いほど、実務面での高度な能力発揮の可能性が高い。直観力、論理力、実行力、共感力の4の観点から、より高度な職務内容に必要な能力資質(ポテンシャル)を発見します。
04

ストレス耐性の傾向でメンタルの打たれ強さ発見

ストレスへの感度・許容量を測定しています。数値が高いほど、ストレスに対して鈍感で、ストレス耐久力が高くストレスに強い。精神面(メンタル面)と身体面(神経面)でのストレス耐性を見極めて、メンタルヘルスケアのリスク度を知ることができます。ここ一番の時に踏ん張りきれるかどうかや、あきらめずに頑張りきれるかどうかなどにも影響してきます。
05

価値観の傾向で社風や組織風土に合うかチェック

働くことに対する価値観を測定しています。本人にとっての働くことの意義や価値の傾向を表しています。公益志向、成長志向、金権志向、享楽志向、安定志向の5つの観点から、仕事や労働に対する価値観を発見します。仕事のやりがいのポイントがわかり、人材マネジメントのポイントを知る上で効果的です。
06

パーソナリティのネガティブ傾向で離職やトラブルの可能性を予測

働く上でマイナス要因となる心理・情緒面の傾向を測定しています。数値が高いほど、仕事上の弊害やトラブルの可能性が高い。非自尊傾向、気分傾向、悲観傾向、非倫理傾向、モラトリアム傾向、不適応傾向の7つの観点で、本番に弱い、仕事にムラや極端に浮き沈み、マイナス志向、コンプライアンスの、不満や離職などの各種リスク要因を発見します。
07

職務適性で仕事への適性(向き不向き)を発見

仕事する上で要求される個性や能力のタイプ別の適性(職務適性)を測定しています。数値が高いほど、適性が高い。人間関係を築いていく職務、フットワークの軽さを必要とする職務、リーダーシップを必要とする職務、過去に事例のない新しい職務、反復・継続的な職務、企画力や創造力を必要とする職務、丁寧さ注意深さを必要とする職務、情報を集め問題を分析する職務といった、8つの職務特性の観点から適職診断し仕事への適性を見極めます。
08

戦闘力を知り競争力のある人材を確保

意欲や能力、ストレス耐性を掛け合わせた総合力を測定しています。ビジネスにおける戦闘力や競争力の高さを見極めます。ただし、戦闘力が高いと組織内で、周囲の人の軋轢や摩擦が生じる可能性もあります。
09

虚偽回答の傾向で、嘘の回答傾向を予測

虚偽の回答と予測される度合い。10段階で数値が高い程、不正回答の可能性が高い。適性検査対策の浸透で、従来からの適性検査の問題で用いられているライスケール(嘘の度合い)の効果が薄れてきています。スカウターではライスケールを統計学的に改良し、見破られにくいライスケールへと進化させています。
10

人物像および人材活用に関するコメント

適性検査スカウターの数値を読み取らなくても、人材の長所や短所にもとづく人物像や個性の概略を掴むことができます。また、働きぶりや能力発揮に関するコメントや人材活用に関する方向性のアドバイスも提示します。優秀な人材を採用するだけが、採用基準ではありません。自社内で活かせる個性や能力をもった人材かどうか判断する採用基準として活用できます。
PDF用のパーソナルシート(能力検査結果の詳細) プリンタ印刷用の検査結果レポート(能力検査結果の詳細)

スカウター能力検査は、言語(国語)系、数図(計算・図形)系の学力試験を「無料」でご利用いただけます

能力検査(学力検査)は、言語、計数・図形の基礎学力を測定します。語句理解、計算基礎、統計、図形認識、法則理解、文脈理解、論理思考の7項目にわたる能力別評価を標準得点でアウトプットし、全国比較での能力水準を判定できます。

能力検査は無料でお使い頂けます。そして能力検査だけのご利用も可能です。つまり資質検査や精神分析検査を使用せずに能力検査だけご利用なら、完全無料で適性検査をご活用いただけます。

検査結果レポート サンプル(PDF)をダウンロード

01

言語と計数・図形分野の基礎学力を測定

職務上の事務処理能力や理解力に影響する基礎的な学力の程度を「言語」と「計数・図形」の2軸で測定しています。数値が高いほど、学力的基礎能力は高い。
02

基礎学力をさらに能力タイプ別に評価

能力検査は、国語と算数の基礎学力問題で構成されていますが、出題内容毎に、さらに能力分野別のテーマを設定しています。能力分野別テーマとして「語句理解」「計算基礎」「統計」「図形認識」「法則理解」「文脈理解」「論理思考」の7項目を設けており、仕事をする上での最低限の基礎の能力の判断指標を提供します。
PDF用のパーソナルシート(精神分析結果の詳細) プリンタ印刷用の検査結果レポート(精神分析結果の詳細)

スカウター精神分析は21のネガティブチェックで、採ってはいけない人材を見極めます

精神分析は、6カテゴリー21項目におよぶ多面評価尺度(検査項目)を備えています。臨床心理学と行動科学に基づき、面接だけでは見極めにくい、メンタル面の潜在的な負の性質と傾向を見極めます。会社や職場に対する強い不満、ストレスへの弱さ、集中力・注意力不足による事故(ヒューマンエラー)をはじめ問題行動やトラブルの原因となる性質や心理傾向を発見します。 いわば採用前に実施する心の健康診断の役割を果たし、採用の失敗を強力に減らします。

検査結果レポート サンプル(PDF)をダウンロード

危険物の取り扱いなど些細なミスが大きな事故につながるような職場や、金銭や機密情報に触れるような職場、児童や高齢者など社会的な弱者を対象とした職場では、未然の事故・トラブルの予防が強く求められます。ひとたびトラブルがおこれば、責任感だけでは片付かない問題に発展することもあり、企業は会社を守るためにも事前の事故防止に努めることが求められます。 こういった問題を回避するためにも慎重な面接による採用選考が求められますが、一方で一度や二度の面談で、深い部分のパーソナリティの問題まで見抜けるものではありません。スカウター精神分析検査は、面接では見極めきれない問題行動やトラブルの兆候を発見し、企業防衛を支援します。

01

精神状態の傾向

うつ傾向、非定型うつ傾向、仮面うつ傾向、失感情傾向、境界傾向、演技傾向、自己愛傾向、強迫傾向、回避傾向、妄想傾向等、問題行動やトラブルの引き金になり得る精神状態の傾向を測定します。
02

ストレス要因

人間関係、仕事のプレッシャー、環境変化、仕事量等、仕事上での代表的なストレスの要因4項目について、ストレスを感じやすいか、精神上のトラブルに強い影響を及ぼすかどうかを測定しています。
03

負因性質

ストレスへの打たれ弱さを測る精神的脆弱性、不満を募らせやすいかどうかを測る不満性向、事故につながりやすい集中力・注意力不足を測る注意散漫性向、感情や倫理・道徳観が希薄で自己中心的な度合いを測る非社会性向等の4項目で、潜在的なトラブル要素の保因傾向を測定しています。
04

ストレス度

ストレスは職務上のストレスのみならず、仕事以外の場面でも様々なストレス要因があります。受検者自身の自覚の有無や原因の如何関わらず、オーバーストレス(過剰なストレスがかかった)状態は、メンタル不調の原因となり様々な問題行動へと発展する基礎要因となります。ストレス度では、現在受けている(または感じている)ストレスの度合いを測定しています。
05

総合評価

精神状態や負因性質、現在のストレス度合い等を総合的に判断し、職務上で問題言動やトラブル等の生じるリスク度を評価しています。
06

虚偽回答の傾向

虚偽の回答と予測される度合い。5段階で数値が高い程、不正回答の可能性が高い。適性検査対策の浸透で、従来からの適性検査の問題で用いられているライスケール(嘘の度合い)の効果が薄れてきています。スカウターではライスケールを統計学的に改良し、見破られにくいライスケールへと進化させています。
PDF用のパーソナルシート(定着検査結果の詳細) プリンタ印刷用の検査結果レポート(定着検査結果の詳細)

スカウター定着検査は27項目の離職・定着指標で、従業員の定着率向上(離職率低減)を支援します

定着検査は、7カテゴリー27項目におよぶ心理分析とコンピテンシーテストで、日々の業務でマネジメント側が気づけていない従業員の不満やストレスを発見し、従業員の離職リスクを把握できます。そして離職の要因を探り離職防止の対策を立てる指標とすることで、定着率の向上(離職率を低減)を強力に支援します。

検査結果レポート サンプル(PDF)をダウンロード

01

離職の傾向

「離職リスク度」「定着リスク度」の2つの尺度で、離職の傾向を測定します。「離職リスク度」は、在職中の従業員が離職に至ってしまうリスクの度合いを測定しています。「定着リスク度」は、在職中・離職中に関わらず、職場に定着しにくい度合いを測定します。
02

離職ストレス要因

「仕事の質」「仕事の量」「仕事の適性」「自己の成長」「顧客との関係」「職場の人間関係」「自分への評価」「環境の変化」「将来性」「雇用の安定性」等、在職中の労働者が離職に至る原因となる職場のストレスの主要10項目のストレス(不満)状態を測定します。
03

ストレス感受性

「シャイネス」「悲観主義」「完璧主義」「攻撃性」「非合理性」等、物事や出来事、おかれた状況や他者の行動等から、自己に対する否定的側面を過度に認識し、自らストレスを生じさせてしまう特性の度合いを測定しています。
04

ストレス習慣

「自責」「希望的観測」「回避」等、ストレスが発生した際に、ストレスを増幅してしまう思考・行動パターンの習慣化の度合いを測定しています。
05

ストレス対処スキル

「問題解決行動」「積極的認知対処」「援助の申入れ」等、ストレスが発生した際に、ストレスの悪影響を軽減したり・解消したりする努力の度合いを測定しています。
06

対話スキル

「傾聴スキル」「自己主張スキル」「葛藤対処スキル」等、継続的で良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を測定しています。
07

虚偽回答の傾向

虚偽の回答と予測される度合い。5段階で数値が高い程、不正回答の可能性が高い。適性検査対策の浸透で、従来からの適性検査の問題で用いられているライスケール(嘘の度合い)の効果が薄れてきています。スカウターではライスケールを統計学的に改良し、見破られにくいライスケールへと進化させています。
08

離職とストレスに関する現状分析

定着検査の数値結果に基づき、離職の傾向やストレスの状況、離職の要因となるストレスにと関連づいたパーソナリティやコンピテンシーについて現状分析のコメントを提示します。
09

離職対策に関するアドバイス

定着検査の数値結果と現状分析に基づき、離職対策(および定着率向上)に関する指針となるアドバイスを提示します。

3種類の受検方法に対応

受検のたびに最適な受検方法をお選びいただけます。
WEBテスト方式(WEB受検)

01.WEBテスト方式(WEB受検)

WEB上で受検する方法です。インターネットさえ接続できれば、あらゆる場所で受検が可能です。採用の応募者にEメールで受検用のパスワードを配布し、WEBで受検させることができます。自宅で受検させてもよいですし、面接などの来社時に、PCやタブレットなどで受検してもらうことも可能です。適性検査の結果は、受検が完了次第、管理画面上からすぐに確認することができます。
紙冊子受検/マークシート処理方式

02.紙冊子受検/画面入力方式

紙の設問冊子を受検者に配布し、設問冊子または専用の回答用紙に回答してもらう方法です。回答結果を貴社専用の管理画面上に入力作業をすれば、すぐに適性検査の結果を確認することができます。入力作業という多少の手間はかかりますが、すぐに結果を知ることができ、マークシート方式のように余計な費用も発生せず、替え玉受検の回避ができる便利な方法です。
紙冊子受検/画面入力方式

03.紙冊子受検/マークシート処理方式

紙の設問冊子を受検者に配布し、マークシートに回答してもらう方法です。会社説明会など、たくさんの受検者に同時に受検してもらう場合に便利な受検方法です。回答済みのマークシートは、貴社で回収して弊社まで郵便または宅配便でご送付ください。弊社で読取処理を行い、検査結果を貴社の管理画面に反映します。適性検査の結果は、マークシートが弊社に到着後1営業日以内に処理しております。
※マークシートは検査費とは別に1枚600円(税別)が発生します。

他社適性検査との違い

  一般的な他社適性検査の場合 スカウターの場合
能力検査(学力検査)の価格 1名あたり、約500~2,000円 無料
※能力検査(学力検査)だけの利用も可能です。
適性検査の価格 1名あたり、2,000~6,000円程度 性格検査1名800円(税別)
精神分析1名500円(税別)
定着検査1名500円(税別)
※割引きチケット(ボリュームディスカウント)を活用すれば最大で70%OFFとなり、1名150円程度で利用可能です。
※他の適性検査と比べた場合、約60%~91%のコストダウン
利用者 主に中堅企業~大企業 主に中小企業
用途・目的
  • 採用時の優秀な人材の見極めとして
  • 社員の配属決定の参考資料として
  • 人材採用で失敗しないために、定着しない、成長しない、頑張らないといった不適性人材の見極めとして
  • 不安定な精神状態で、採用後の各種トラブル発生率の低減のため
  • 人材の活用方法の参考資料として
受検方法
  • WEB受検(別料金がかかる場合がある)
  • 紙冊子(マークシート方式)
  • WEB受検
  • 紙冊子(画面に手入力方式/マークシート方式)
結果の返却時期 翌営業日~翌々営業日
※WEB受検の場合は、当日返却の会社もある。
即時(リアルタイム)
受検完了後、すぐに管理画面上で結果確認ができる。
※マークシート方式の場合、郵送時間のタイムラグが発生します。
受検の手配 その都度、担当の営業窓口やサポートセンターへ依頼。 適性検査の貴社専用管理画面からいつでも必要なタイミングで手配可能
手配可能な営業時間 一般的には、土・日・祝日を除く、平日営業日の営業時間内(おおむね9時~18時) クラウド型サービスなので、24時間365日、いつでも管理画面上から手配可能。

料金プラン

初めてアカウントを作成すれば、無料お試しクーポン3,000円プレゼント。
初期費用も固定費も一切ありません。
1名分からご利用可能です。お支払いも1名分から可能です。
使わなければ費用は一切発生致しません。
お試し頂いて気に入らなければ、管理画面上ですぐに簡単にご解約頂けます。

初期費用 0円
固定費 0円
能力検査(学力検査)  無料
資質検査(性格検査)1名 800円(税別)
精神分析検査1名 500円(税別)
定着検査1名 500円(税別)

固定費は一切ありません。
各検査を単独でご利用頂けます。
検査を組み合わせてご利用頂くことも可能です。
受検者毎に任意で検査を組み合わせご利用頂けます。
能力検査だけのご利用も可能です。

アカウントを申込む(無料)

※マークシートをご利用される場合は、検査費用とは別に1枚600円(税別)でのご購入が必要です。
詳しくは以下の料金プランページのオプション料金(マークシート利用料や一括処理費用など)をご確認ください。

>> 詳しい料金プランを確認する

低価格の目的

中小企業や零細企業にこそ適性検査が必要だと考えています。これまで費用が高くて利用できなかった適性検査を、中小零細企業のご予算でも気軽にご利用頂けるようにしたいという想いから価格を下げる努力に取り組んできました。将来的には、もっとお安く提供できるように努力を続けています。

低価格の理由

低価格を実現するために、弊社ではノーセルス・ロープライスのポリシーのもと訪問販売や営業訪問を実施しておりません。営業担当者を抱えないことでムダな人件費や周辺コストを大幅に削減し低価格を実現しています。

訪問営業しません

誠に申し訳ございませんが、営業訪問を希望されましても、現在は営業部署を廃止し営業担当者が一切おりませんので、ご訪問することができません。3,000円分の無料クーポンで無料お試し体験頂けますので、まずは是非ともお試し頂ければ幸いです。ご不明な点は管理画面内のお問合せ用チャットでサポートさせて頂きます。

スカウターの動作環境

推奨するブラウザ環境

 ※必ずJava Scriptをオンにしてご利用下さい。
不適性検査スカウター管理画面のご利用にあたっては、インターネット接続環境とパソコン(WindowsまたはMAC)および左記のいずれかのWEBブラウザが必要です。スカウターの管理画面を快適にご利用いただくにあたり、各ブラウザの最新バージョンをご利用いただく事を推奨いたします。
  • 左記ブラウザの種類は、ブラウザの改良やアップデート・サポート終了等の理由により予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • スカウター管理画面は携帯電話およびスマートフォン、タブレットには対応しておりません。
  • Microsoft社のInternet Explorer 6、7、8、9はサポートしていません。ボタンが表示されない等、動作を保証できません。左記のブラウザ環境にてご利用頂きますようお願いいたします。

よくある質問

よくある質問ランキング TOP10
スマートフォンでも受検できますか?
■タブレット・スマートフォンについて
タブレットやスマートフォン(AndroidOS、iOS)でも受検可能です。

■フィーチャーフォン(ガラケー)について
申し訳ございませんが、フィーチャーフォン(ガラケー)には対応しておりません。
詳しくは以下のページをご参照頂ければと思います。
他社の適性検査と何が違うのでしょうか?
他の適性検査との主な違いは以下の通りです。
①ご利用目的:
一般的な適性検査は、優秀な人材の見極めや配置・配属といったことが主な目的とされていますが、スカウターは定着しない、成長しない、頑張らないといいった不適性人材を発見することが狙いです。 採用時のミスマッチを低減し、人材採用で失敗しないための指標の提示を目的としています。

②コストパフォーマンス:
たくさんの人数を使用する場合、一般的な適性検査に比べてスカウターはとてもリーズナブルな低価格設定となっています。 一般的な適性検査は、能力検査(学力検査)で1名1,000~2,000円、性格検査で1名2,000~6,000円ほどの費用がかかりますが、スカウターは能力検査は無料、資質検査は1名800円(税別)、精神分析1名500円(税別)、定着検査1名500円(税別)という超低価格でご提供しています。一般的な適性検査からお乗換頂いた場合、約60~90%のコストダウンとなります。

詳しくは、他社適性検査との違いをご覧ください。
他社に比べて、かなり安いのですが大丈夫でしょうか?

スカウターは、適性検査のオペレーションプロセスの98%以上をWEBシステムによって自動化し、人件費を大幅に削減しております。また、営業担当者による人的な訪問販売を一切行わず、インターネットによる販売のみとすることで、営業コストの大幅な削減に成功しております。これらの弊社努力によって、ご提供価格を大幅に抑えることに成功しています。

弊社の適性検査は、1975年から基礎開発を行い、以降現在に至るまで約38年以上に亘り、適性検査のデータ収集と統計分析を行ってまいりました。近年のコンピュータシステム及びWEB環境の発展に伴い、これまでの蓄積データと統計アルゴリズムをwebシステム化することで、これまで弊社コンサルタントが人的にご提供し高額だった適性検査をリーズナブルに提供できるようになりました。

ご提供価格を低く抑えるために訪問による営業やご説明、コンサルタントによる人的なフィードバック等は一切おこなっておりませんので、あらかじめご了承くださいませ。 一方で、操作方法や判断へのアドバイスのお問合せにはサポートデスクをご用意しておりますので、管理画面上の専用フォームから、いつでもお気軽に問合せることができます。

検査の所要時間は、どのくらいかかりますか?

能力検査は国語や計算、図形など全部で30問 5択式で出題され、回答制限時間30分です。
資質検査(性格検査)は全部で150問、5肢択一式で出題されます。、精神分析と定着検査は、それぞれ100問、5肢択一式で出題されます。資質検査(性格検査)の平均所要時間(回答時間)は、約15~20分程度です。 精神分析と定着検査の平均所要時間(回答時間)は、約10~15分程度です。資質検査(性格検査)、精神分析、定着検査については、特に回答時間制限はありませんが、早い人では10分程度で回答されますが、遅い人ですと30分近くかかる方もいます。

紙冊子での受検は可能ですか?

はい、可能です。 貴社専用の管理画面から設問冊子及び回答シートをダウンロードできます。受検後に設問冊子を貴社にて回収頂き、回答データをを管理画面で入力すると即座に検査結果を確認することが出来ます。

もし、受検人数が多い場合はマークシートによる受検も可能です。 貴社専用の管理画面からマークシート購入のお手続きして頂きますと、マークシートを貴社に宅配便でお届けいたします。マークシートは有料となっており1枚600円(税別)で、最低購入枚数15枚からとなっております。 マークシートのお届けは首都圏エリアで1~2営業日、それ以外の地域では2~5営業日かかることがございますので、あらかじめご了承ください。

マークシートで回答頂いた場合は、回答済みのマークシートを弊社までご郵送ください。弊社にマークシート到着後、1営業日以内で貴社管理画面に検査結果を反映いたします。

お支払い方法はどうなりますか?
スカウターはプリペイド方式となっております。あらかじめ必要人数分の「スカウター ポイント」をご購入頂き、適性検査をご利用いただくことになります。適性検査を受検後、検査結果を閲覧する際に「スカウターポイント」が必要になります。ポイントご購入にあたっては、お客様毎に専用のお振込口座を割当させていただきますので、その口座にポイント購入代金をお振込頂けば、ポイントをお買い求め頂けます。なお、受検するだけなら課金対象とはなりません(受検にポイントは必要ありません)つまり受検しても、検査結果を閲覧しなければ費用は発生いたしません。
検査結果の返却は、何日くらいかかりますか?
WEB受検および回答を画面入力した場合は、受検後、即時に貴社アカウントの管理画面上で検査結果を確認することができます(ポイント残高が不足している場合は、結果をみることが出来ませんのご注意ください)。

マークシートで回答を行った場合は、マークシートを一旦弊社にご送付していただく必要がございます。郵便や宅配便の配送期間+1営業日お待ち頂く必要があります。マークシートが弊社に到着後、通常はその日のうちに読取処理を行い、その結果を貴社の管理画面に反映いたしております。

検査の回答を途中でやめた場合、料金はどうなりますか?

適性検査の回答を途中でやめた場合は、一切費用は発生いたしません。そもそも受検の時点では課金されませんので、ご安心ください。

適性検査の結果を確認するためには、受検が完了した受検者を任意で選択して、貴社にて開封作業を行っていただく必要があります。開封作業を行った際に、資質検査であれば800円(税別)、精神分析なら500円(税別)、定着検査なら500円(税別)×人数分のポイントが消化される仕組みとなっています。

つまり、受検結果を見たい人の結果だけに料金を払える仕組みとなっていますので、仮に適性検査を受検させた人が、応募辞退した場合などは、開封作業を行わなければ、ムダなコストを発生させずに済みます。

検査の回答を途中でやめた場合、検査結果はどうなりますか?

検査の途中で回答を止めた場合、資質検査・精神分析・定着検査の場合は回答を分析することが出来ず、検査結果を見ることができません。検査を分析するためには、必ず最後までご回答頂く必要があります。もし、適性検査の受検を途中で中断した場合は再受検が可能ですので、同じ受検パスワードを使用して再度回答していただくことになります。

仮に回答中に離席し20分以上操作をしなかった場合、サーバーがセッションアウトしてしまい継続して回答することができなくなる場合があります。この場合は再度ログインして、はじめから回答しなおして頂く必要があります。

能力検査(学力検査)については、回答が不十分な場合、問題を解けなかったものとみなし、未回答の問題については自動的に不正解とします。

請求書や領収書は発行してもらえるのですか?

はい、請求書および領収書を発行いたしております。 「スカウターポイント」のご購入にあたり請求書が必要な場合は、管理画面にログイン後[お支払い/ポイント購入]画面にて、請求書をPDFで発行することができます。

また、ポイントご購入代金を弊社にご入金後、ポイントを貴社アカウントに反映した際に、同時に自動で領収書(PDF)を発行する仕組みとなっております。領収書(PDF)のダウンロードは貴社の管理画面にログインしていただき、[取引履歴]画面でダウンロードすることができますので印刷してご利用ください。

請求書および領収書の郵送は承っておりませんので、あらかじめご了承くださいませ。

>> その他のよくあるご質問はこちら

お申込み方法

WEBから簡単3ステップでお申込み頂けます。
適性検査スカウターのお申込みは簡単3ステップ。早ければお申込み当日にご利用開始頂けます。
※お申込みは、WEB画面からのみとなっております。
1
アカウントお申込み(無料)ページから、貴社会社情報の入力してお申込み。
2
「【スカウター】アカウント申し込みのご案内」メールが届きます。メール本文の「認証URL」にアクセスして、あなただけの追加のユーザー情報を登録してください。
3
簡単な審査が完了したら貴社専用アカウントを発行、すぐにご利用開始!
早ければ当日中にご利用開始頂けます。
トップへスクロール
今すぐにお試しになりたい方はこちら
実際の管理画面の操作と資質検査(性格検査)と精神分析検査を、3,000円分まで無料でお試しいただけます。
能力検査は人数無制限で無料でお使い頂けます。新卒採用、中途採用の両方に対応しています。
能力検査 無料  資質検査1名 800(税別)  精神分析1名 500(税別)  定着検査1名 500(税別)
アカウントを申し込む(無料) 能力検査無料・性格検査3名分 お試し無料
ホーム  導入事例  主な機能  よくある質問  料金プラン
メディア事例
日経新聞掲載記事
日経新聞本紙
人事実務2010年11月号
人事実務
TRANSITION HOLDINGS Inc.
Copyright© TRANSITION HOLDINGS Inc. All rights reserved.