利用ガイド

不適性検査スカウターのご利用方法をご紹介します。

虚偽回答の傾向の解説

虚偽回答の傾向からわかること

意図的によく見せようとしたり、作為的に回答を選択したりといった虚偽回答と予測される度合いを表しています。 いわゆるライスケール(嘘の尺度)の役割を果たしています。 資質検査の場合は0~10の11段階、精神分析および定着検査の場合は0~5の6段階で表され、数値が高いほど虚偽回答の可能性が高いと判断されます。

資質検査の虚偽回答の基準値

資質検査-虚偽回答の傾向チャート

11段階のバロメーターは、以下の通りです。

精神分析および定着検査の虚偽回答の基準値

定着検査-虚偽回答の傾向チャート

6段階のバロメーターは、以下の通りです。

関連項目へのリンク

資質検査の各項目の詳細は以下のリンク先ページでご確認ください。

その他の検査の解説および虚偽回答の傾向については、以下のリンク先ページでご確認ください。

今すぐにお試しになりたい方はこちら

おかげさまで導入社数 10,500社 以上

人材採用で失敗したくない企業のため不適性検査スカウター®

実際の管理画面の操作と資質検査、精神分析検査、定着検査を3,000円分まで無料お試し。
能力検査は人数無制限で無料でご利用可能。新卒採用、中途採用の両方に対応。